マンスリーマンションをはじめて利用するときに知っておきたいこと

サイトマップ

マンション

最新の情報

リビング

女性とマンスリーマンションの関係を考える

千葉では最近、マンスリーマンションが、大変多くの方が自分の生活に有効に活用されています。千葉で…

寝室

家族とマンスリーマンションの接点

一人での利用ということでマンスリーマンションの活用を考えられる方も多いんですが、家族、または子…

お洒落なインテリア

震災に遭った時のマンスリーマンションの利用法

熊本地震に遭った私は自宅が斜めに傾いたので、住む場所を求める為に近隣の県のマンスリーマンション…

キッチン

短期滞在にはマンスリーマンションはベストな選択

賃料だけを見ると、普通の賃貸物件のほうがお得と感じるかもしれませんが、トータルでいろいろ考える…

マンスリーマンション利用時に知っておきたいこと

ダイニングテーブル

マンスリーマンションをご存知ですか?マンスリーマンションとはその名の通り1ヶ月でも契約できる住まいのことです。家具や家電もセットになっていたりします。30日ぐらいでもホテルでも大丈夫ではないの?観光で1ヶ月滞在するときもいいの?などいろいろなはじめて利用するときに知っておきたいことをまとめてみました。
例えば、夏休みに4週間くらい家族で観光のため利用したい人にもおすすめです。子どもたちの水着なども部屋の洗濯機で洗えます。生活に必要なものが揃っているので普段どおりの生活をすることができます。また仕事のために長期滞在にも使えたりします。こういったことからホテルを利用するよりも便利です。そのためか沖縄などにマンスリーマンションは多いです。
はじめてマンスリーマンションを利用する前に知っておきたいことですが、まず、最低何日から利用できるのか?ということです。だいたい利用できる日数は最低30日~と決まっていることが多いです。
そして、入居人数も重要になってきます。入居する人数によって利用料金が違ってきます。光熱費や清掃費、賃料が例えば2人、3人と増えるごとに加算されたりします。
このように長期にわたる滞在のときはホテルよりマンスリーマンションの方が利用しやすかったりします。

手軽さと便利さのあるマンスリーマンション

マンスリーマンションのメリットとはどのようなものなのでしょうか。手軽さというのが一番かもしれません。例えば、アパートやマンションの普通の賃貸物件に引越しをするとなると、自分の荷物を運んで、それから必要になる家電や生活必需品の買い物が忙しいし、光熱費の手続きなどもしなければなりません。引越しに伴う出費はかなりのものになるので、それを考えるだけで嫌になったり、ストレスを感じてしまい、引越しするのを止めたくなるかもしれません。
一方マンスリーマンションの場合は部屋は清潔であり、生活に必要な備品すべてが揃っていて、中には爪楊枝まで揃っているところもあります。なんとなく狭いイメージがあるマンスリーマンションかもしれませんが、実際にはそのようなことはなく、広い間取りからコンパクトなものまで多様に物件はあります。そして電気やガス、水道の手続きが不要であり、本当に楽なのです。手荷物一つで全国どこでも長期出張や、一時的な住まいとして生活ができるのがマンスリーマンションの魅力であり、その物件数はどんどん増えています。賃料は高めでも、それ以上にストレスが少なく移動ができて、しかも毎月かかる生活費の計算がしやすいので便利なのです。

マンスリーマンションを千葉で利用する際の効率よい仕方

やはり千葉等で話題のマンスリーマンションの大きな魅力は、1ヵ月単位から、あるいは最大3ヵ月単位の間とかで使えるという、中長期的な利用が可能な点です。長期滞在などでの出張や研修、出向などにおいては大変うってつけです。千葉でマンスリーマンションを拠点として、大変効率の良い事業や営業などの活動とかが心身両面において大変楽に行う事が可能ですので、健康管理などもしっかり出来たりしますのでとても安心です。取り組んでいる事業の性質上、どうしても長期的に現地に滞在をしなければ目標を達成する事が出来ないような、技術職あるいは製造業などへの従事などをされたりしている方などの場合には、とてもオススメな物件であるかもしれません。
これらの業界などにおいては、かなりの神経や体力などを使う機会が非常に多いので、そうした面においても心身面での健康衛生上においても、やはり使うべき貴重な存在であるといえます。そしてとくに技術職の方である利用者の場合には、休みながら借りた部屋内でのオフィスワークなども出来たりしますので、こうした面でも効率的にマンスリーマンションを利用しながら事業目的を達成出来たりしますので、とてもありがたいといえます。このように、利用者自身の職業や業界などによっては大変役に立つ物件ですので、なくてはならない存在であることは間違いがありません。

ニュース

TOPへ